カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

奈良県(宇陀郡)曽爾村コシヒカリ-農薬5割減

奈良県(宇陀郡)曽爾村コシヒカリ-農薬5割減

完売しました
ブランド名 曽爾村コシヒカリ-農薬5割減
品種 コシヒカリ
栽培 特別栽培米
節減対象農薬 当地比:5割減
化学肥料(窒素成分) 当地比:5割減
タンパク質含有量 5.8%
栽培地 宇陀郡曽爾村
貴重性 ★★★★★★★★☆☆
(10段階中8)

米粒 大きい ☆☆☆★☆☆☆ 小さい
米粒感 強い ☆☆☆★☆☆☆ 弱い
硬め ☆☆☆★☆☆☆ 柔らかめ 
粘り 強い ☆☆★☆☆☆☆ 弱い
食感 もっちり ☆☆★☆☆☆☆ しっとり
つやつや ☆★☆☆☆☆☆ 大人しい
しっかり ☆☆★☆☆☆☆ あっさり

品種 コシヒカリ
コシヒカリは、新潟県農業試験場で「農林22号」を母に、「農林1号」を父として、昭和19年に交配されました。
のちに一部が福井県農業試験場へ分譲され、「越南17号」という系統ができあがりました。

昭和29年から、越南17号は各県で試験栽培が行われ、魚沼地域では南魚沼市(旧大巻村)で試験栽培が行われました。
魚沼地域での試験栽培の結果は、他の地域に比べて成績が優れていて、魚沼の風土に適した品種であることがわかりました。

しかし、食味と品質は良かったものの、倒れやすく病気に弱いという欠点がありました。
その後も、生産者と関係機関が一丸となって技術改良を進めて、昭和31年に新潟県の奨励品種となり、「越の国に光り輝く品種」となることを願い「コシヒカリ」と命名されました。

現在、「新潟県産コシヒカリ」という銘柄は、9割以上がコシヒカリBLという品種群であり、コシヒカリ(品種)とは異なっています。

差別化
奈良・奥大和の秘境、曽爾村。
ここでは、五穀豊穣を祈って300年続いてきた獅子舞とともに、連綿と育まれた稲作文化が息づきます。
標高450~700mの高原地帯特有の寒暖の差を生かし、平成の名水100選にも選ばれた曽爾高原、屏風岩、鎧だけなどミネラルを豊富に含んだ山の湧き水や、蛍飛び交う曽爾川の水で作った「コシヒカリ」です。

指導役に、山形県高畠町の遠藤五一氏を迎え、曽爾村独自の栽培方法(100%有機質肥料、農薬使用量を慣行水準の5割以上減)を導入。
初年度である2016年度は、11人が2ヘクタールでコシヒカリを栽培、約8トンを収穫しました。

NPO法人「日本で最も美しい村」連合(商標登録済)( 通称、美しい村連合)は、2005年に7つの町村からスタートしました。
当時は、いわゆる平成の大合併の時期で市町村合併が促進され、小さくても素晴らしい地域資源や美しい景観を持つ村の存続が難しくなってきた時期でした。
私たちは、フランスの素朴な美しい村を厳選し紹介する「フランスの最も美しい村」運動に範をとり、失ったら二度と取り戻せない日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を目指す運動をはじめました。
http://utsukushii-mura.jp/

栽培 特別栽培米
「特別栽培米」は、農林水産省が策定した「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に沿って栽培されたお米のことです。
このガイドラインは、無農薬や農薬の使用を節減して栽培された農産物への消費者の関心の高まりにともない、施行されたものです。

「特別栽培米の基準」は、そのお米が生産された地域の慣行レベル(各地域で慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が5割以下、化学肥料の窒素成分量が5割以下で栽培されたお米で、「特別栽培米」と表示するためには、節減対象農薬と化学肥料の両方の節減が必要です。

スズノブにおいては、米袋に「特別栽培米」という表示をせずに、より具体的に「節減対象農薬:〇割減/化学肥料(窒素成分)〇割減」という表示をしています。

カートボタンの下に、産地・生産者情報があります。

奈良県(宇陀郡)曽爾村コシヒカリ-農薬5割減
商品記号:31-koshihikari
770円(税込)
◆白米/分搗米/無洗米/玄米:
分搗米:玄米⇒3分搗米⇒5分搗米⇒7分搗米⇒白米と、数字が大きくなるにしたがって白米に近くなります
極うまみ精米:雑誌・テレビ・ポスター等で使用されている、スズノブのオリジナル精米方法です(1kg毎に60円加算)
--------------------------------
無洗米:簡易型無洗米ですので、軽く濯ぎ浸水させてから炊いてください(1kg毎に30円加算)
--------------------------------
玄米:産地から届いた玄米の品質調整をしたままの純粋玄米です(玄米モード推奨)
玄米1.5分搗:純粋玄米に薄く傷を傷を付けることで、玄米モードがない炊飯器でも炊く事が出来ます
◆真空パック:
真空パック専用の透明米袋に、スズノブオリジナルの産地・品種シールを貼ってお送りいたします
(1kg・2kg・5kg一律120円加算)
まとめ買いや長期保存(半年程度)に適しています。
※贈答箱でのお届けは出来ません
◆贈答(5kg袋専用):
スズノブオリジナルデザイン(猫と子供)を、5kg白色無地米袋に印刷をしてから、贈答ケースに入れてお送りいたします
白色米袋・印刷代・贈答ケース込みの価格となっています(5kg220円加算)
※真空パックにはなりません
---お届けのご注意---
  • お届けは1箱1件となります
  • 複数件にお送りする場合は、別々にご購入をお願いいたします
  • 準備にお時間を要しますので、発送まで数日のお時間をいただきます
  • お熨斗にお名前を入れる場合は「メッセージ欄」に、ご記入をお願い致します
数量:
産地情報
曽爾村は、奈良県の中央部よりやや北寄りの東端に位置する、人口約1,500人の山村です。
標高400〜450mという立地により気温も平地に比べて低くなり、夏は涼しく冬は寒い高原特有の気候といえます。
村の歴史は極めて古く、古事記や日本書紀などにもその名前が登場するほど。
「漆部の郷(ぬるべのさと)」と呼ばれ、漆塗りが始まった地ともいわれています。
また、村の大半を山々が占めており、西側には鎧岳に代表される壮大な断崖群がそびえ立つ、近畿地方では珍しい美観をなしています。

豊富な湧き水や、昼夜の寒暖の差を生かして育てた滋養に満ちた野菜や米、村の約9割を占める森林を生かした林業が基幹産業。
茅葺屋根の材料となる萱(かや=ススキ)が群生する曽爾高原、温泉などの観光資源も豊富です。

1.特徴ある曽爾米をブランド化するための協議会を設立

曽爾村で約4ヘクタールという広大な田んぼを担う、「曽爾村のお米作り名人」と呼ばれる萩原康孝さんをはじめとした米農家15人が、平成28年4月に「曽爾米ブランド化協議会」を設立。曽爾で作られるお米のブランディングに取り組んでいます。その背景には、湧き水や寒暖の差を生かした食味の良い「曽爾米」が、JAによる県域流通で「奈良県産」として、他のお米と一律に販売されていたことや、少子高齢化によりお米作りの担い手が不足し始めていることなどがありました。

2.これからの時代、大切になるのは安心・安全でおいしいお米作り

きちんと買ってもらえるお米とはどんなものなのか。萩原さんたちは考え「今の時代はお米作りも昔のままではあかん。“ようけとれたらええわ”ではなく、安心で安全で、喜んでもらえるお米を作ろう」という結論に達します。そこで、この道70年の大ベテランが、日本一のお米作り名人といわれる山形の米農家・遠藤五一さんに指導を仰ぐことにしたのです。そうして生まれたのが、化学的に作られた肥料を一切使わない、100%有機肥料で育てたお米。農薬の使用も一般的な栽培基準の半分以下に抑えた、地球環境や他の生物に配慮した特別栽培米です。さらに、お米を作るための水は、平成の名水100選にも選ばれた曽爾高原からの湧き水や、蛍が飛び交う曽爾川の清水を使用。異なる水源、異なる土壌で作られるお米は、それぞれ食味が異なるのも特徴です。

3.環境や他の生物に配慮したおいしいお米として特別優秀賞に

萩原さんが作る曽爾米は、第18回「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」の栽培別部門・水田環境特Aで、水質環境や生息生物の多さなどが評価され、金賞に次ぐ特別優秀賞に選ばれました。この「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」は国内最大の米コンクール。国内はじめ台湾やアメリカなどから5671もの検体が出品された中での受賞だったのです。

4.きちんと稼げる道筋を整え、若い担い手の希望をつくりたい

初めて特別栽培米としての「曽爾米」を育てた平成28年は、11人の協議会の仲間たちと共に2ヘクタールの田んぼでコシヒカリを栽培し、約8トンを収穫。萩原さんは、これからさらに「曽爾米」の生産を広げ、「広く知ってもらい、たくさんの人に買ってもらえるようにしていきたい」と語ります。そこにはお米作りでもう一度きちんと収入を得られる道筋を整えることで、後に続く若い人たちの希望を作りたいという思い、そして村の行く末を思う、強い郷土愛があります。

「田んぼの担い手がいなくなれば、水田は荒れていく一方になります。草ばかり生えて、村の景観も保てなくなる。何か方法を考えて若い人にも米作りをしてもらわないと、と感じていたときに農林業公社が立ち上がってくれた。一緒になって村のために、お米作りで稼げる状況を作っていきたい。そして、出て行った若いもんが帰ってきたり、移住してくる人たちの生業になったりするよう取り組んでいきたいです」。

http://soni-agriforestry.jp/index.htmlより
生産者
一般社団法人曽爾村農林業公社

曽爾村農林業公社は、2016年6月に設立された官民共同組織です。
村内で育った米や野菜のブランド化などを目指す農業分野と、
製材所やモバイルキッチンなど、木材加工による付加価値の創造を目指す林業分野。
この両分野を中心に村内で展開する地域イノベーションによる創業を支援しながら、
持続可能な農林業の実現を目指して各プロジェクトを進めています。

http://soni-agriforestry.jp/index.htmlより
農薬不使用米
都道府県

ご利用ガイド

お支払い方法

以下からお選びいただけます。

・クレジットカード決済

・代金引換

・代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)

・銀行振込(事前ご入金)

・郵便振替(事前ご入金)

※代金引換、代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)の場合、手数料はお客様負担となります。

※銀行振込、郵便振替の場合は、事前ご入金となります。

 また、手数料もお客様負担となります。

お支払口座

◆銀行

・城南信用金庫 碑衾支店(ヒフスマシテン)

 当座:540491 名義:株式会社スズノブ

・三井住友銀行 都立大学駅前支店

 当座:232645 名義:株式会社スズノブ

◆郵便局

・口座番号:00130-8-412850

 加入者名:株式会社スズノブ

配送について

●1回のご注文の総キロ数について

1回のご注文の総キロ数は24kgとなります。

総キロ数が24kgを超える場合は、注文を分けてお願いいたします。

●配送時間について

以下の希望時間帯の指定が可能です。

・午前中(12時まで)

・12時~14時の配送はございません

・14時~16時

・16時~18時

・18時~20時

・19時~21時

送料

(10% 税込価格)

◆5,000円未満の場合の配送料は、当社が27%ご負担いたします

・北海道 1,500円

・北東北(青森・秋田・岩手) 1,260円

・南東北(宮城・山形・福島) 1,180円

・関東(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・東京・山梨) 1,180円

・信越(新潟・長野) 1,180円

・北陸(富山・石川・福井) 1,180円

・中部(静岡・愛知・三重・岐阜) 1,180円

・関西(大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫) 1,260円

・中国(岡山・広島・山口・鳥取・島根) 1,340円

・四国(香川・鳥取・愛媛・高知) 1,340円

・九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島) 1,500円

・沖縄 2,310円

◆5,000円以上の場合の配送料は、当社が52%ご負担いたします

・北海道 1,000円

・北東北(青森・秋田・岩手) 840円

・南東北(宮城・山形・福島) 780円

・関東(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・神奈川・東京・山梨) 780円

・信越(新潟・長野) 780円

・北陸(富山・石川・福井) 780円

・中部(静岡・愛知・三重・岐阜) 780円

・関西(大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫) 840円

・中国(岡山・広島・山口・鳥取・島根) 890円

・四国(香川・鳥取・愛媛・高知) 890円

・九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島) 1,000円

・沖縄 1,500円

お問い合わせ

03-3717-5059

受付時間 : 平日(月?金曜日) 9:30~17:30

(日・祝日、年末年始・夏季などの特別休業日を除く)

お問い合わせフォームは24時間受付中です。

確認ができ次第、担当より迅速にご対応させて頂きます。

会社概要

株式会社スズノブ

〒152-0031

東京都目黒区中根2-1-15

代表者:西島 豊造

(東横線「都立大学駅」より駅前通り徒歩3分)

TEL:03-3717-5059

FAX:03-3723-7235

営業時間:9:30-18:30

定休日:日曜日・祝日(お米の発送はございません)

URL:https://www.suzunobu.com

E-Mail:webshop@suzunobu.com

西島豊造E-Mail:nishijima@suzunobu.com

アクセス

メニューを閉じる ▼
メニューを閉じる