節減対象農薬:当地比7割減 化学肥料(窒素成分):栽培期間中不使用
島根県 秘境 奥島根 弥栄 つや姫

オリジナル米袋のデザイン
は、予告なしに変更される
ことがあります
産 地 島根県
地 域 浜田市弥栄町
生産者 一般遮断法人 奥島根弥栄
品 種 つや姫
育 成 育 成 年:平成20年
育成場所:山形県農試センター庄内
来 歴 母(めしべ):山形70号(山形40号×キヌヒカリ)
父(おしべ):東北164号(味こだま×ひとめぼれ)
栽培内容 節 減 対 象 農 薬 :当地比割減
化学肥料(窒素成分):栽培期間中不使用
種子更新 毎年100%更新
施肥基準 特別栽培米基準(慣行基準の5割減)
品質向上技術 土壌分析に基づいた有機堆肥を施用した土づくり、食味分析実施
網 目 1.9mm(大網目を使用することで出荷調整を大粒のみにしています)
色彩選別 あり(色彩選別機にかけることで、着色米や異物の混入を防いでいます)
食味値 73点以上(参考目標値)
タンパク値 6.8%以下(参考目標値)
千粒重 22.0g(目標基準値)
整粒歩合 75%以上(目標基準値)
栽培履歴 産地保管

産地情報
弥栄町の南にそびえる雄大な弥畝山(やうねやま)にちなんで命名された「弥栄村」は、昭和31年8月に安城村と杵束村の2か町村合併により誕生。
49年の歴史を刻んだのち、平成17年10月1日に新浜田市弥栄町となりました。
人口約1,400人、総面積105.5kuの、自然豊かな山間の小さな町です
日本海に面した「漁港の町 浜田」から車て?約30分。
いくつものトンネルをぬけ、山の奥へ奥へと進むと、静かな山あいに懐かしい田園風景か?現れます。そこには信号もコンヒ?ニもありません。
あるのは手つかす?の自然と、人々か?ていねいに育みつつ?けてきた田畑のみ。
大自然にそっと寄り添うようなその風景は、まさに「秘境」そのものです。

秘境 奥島根 弥栄 http://okushimane.jp/
お米の特徴
そんな大自然の中て?育まれる「秘境 奥島根 弥栄」。
地への誇りと、先人たちへの敬意、そして未来への挑戦を込めた、お米の新ブランドです。


おいしさを表す、4つの言葉
「匠逸」 この地の人か?長い米つ?くりの経験の中て?磨き上け?た伝統の手仕事。
「悠景」 懐かしく穏やかな日本の原風景に囲まれた水田。
「清流」 標高と清らかな山水て?育つ稲。
「無垢」 雑味のないヒ?ュアな味わいのお米。
このすべてがひとつになって、「秘境 奥島根 弥栄」は誕生しました。

旬がひきたつ、無垢な米
島根県の奥の、そのまた奥の町。
清らかな山水をひき、ゆるやかに広がる棚田が
そのお米のふるさとです。

「秘境 奥島根 弥栄」

“食卓の主役”ではないけれど、
採れたての野菜の甘みを、新鮮な魚の風味を、
四季折々の旬の食材をひきたてる
なにげない日々の食卓に、ちょうどいいお米です。
差別化栽培
おいしい、しかも安心
弥栄町て?つくられるお米は2種類あります。
「秘境 奥島根 弥栄」は、農薬を減らし化学肥料を一切使わないほか、定められた栽培法・薬剤使用というより厳しい条件の中で育てられたブランド米。
さらにその土地の力を最大限にいかし、有機資源を循環させる「循環型農業」で、環境にも人にもおいしい、安全なお米づくり成功しました。

米のうまみを引き出す、地の力
弥畝山(やうねやま)から流れる清らかな山水、標高の高さが生んだ朝夕の寒暖差、ゆるやかに広か?る棚田、養分を保つ粘り気のある土。
弥栄町には「おいしい米をつくる」ための条件がそろっています。
大自然の生きた恵みを余すところなく受け、100年以上も前から守られてきた田で生まれた「秘境 奥島根 弥栄」。
派手さはないけれど、素朴でやさしく、どこか懐かしい。
弥栄の地そのものの恵みが一粒につまっています。

受け継がれる、ていねいな手仕事
棚田は一枚ごとに米の味が変わるとも言われ、一定のおいしさを保つには人々のていねいな手仕事が欠かせません。
さらに同じ田で、同じように育てていても、その年の気象条件によって味や収穫量に違いが生じます。
一定以上の品質を保つためには弥栄の自然の特徴をしっかりと理解し、忍耐強く米と向き合うことが必要不可欠。
美しいだけではなく、時に人々の暮らしに牙をむく大自然を相手に、100年以上もの間、米づくりに打ち込みつづけてきた誇りが、弥栄の人々には根付いています。
美味しさの秘密
やわらかく、清く、あまい
やわらかさと、みずみずしさ、ほのかな甘さ、ほどよいつやが、弥栄米の魅力です。
味の濃い料理よりも、素材の味をそのまま楽しむようなおかずとの相性がよく、冷めてもおいしくいただけます。
すっきりと清らかな味わいは毎日の朝ご飯にもぴったり。
かむほどにじんわり、しっかりおいしい。
おかずの素材をそっと引き立てる、ちょっとひかえめなお米です。

「秘境 奥島根 弥栄」には、2つの品種があります
「コシヒカリ」は比較的粘りがあり、米の香りと旨みをしっかり感じることができます。
「つや姫」は甘みと口あたりの良さが魅力で、バランスのとれた味です。
また、どちらも炊きあがりにしっとりとした艶があり、見た目にも美しいのが特徴です。


米袋の違い(画像は別ブランド米のもので、イメージとして使用しています)

在庫処分 既成品平袋+ブランドシール
基本設定になっております
必要に応じて、袋を選んでください

スズノブ平袋
+ブランドシール
タイプ1

白米無地平袋
+ブランド印刷
タイプ2

雲竜柄真空平袋
+ブランドシール
タイプ3


ご購入
白米

分搗米
1kg   913円(税込)   米袋タイプ1・2
1kg 1,033円(税込)   白米1kg+真空加工120円 米袋タイプ3
2kg 1,826円(税込)   米袋タイプ1・2
2kg 1,946円(税込)   白米2kg+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 4,565円(税込)   米袋タイプ1・2
玄米
1kg   830円(税込)   米袋タイプ1・2
1kg   950円(税込)   玄米1kg+真空加工120円 米袋タイプ3
2kg 1,660円(税込)   米袋タイプ1・2
2kg 1,780円(税込)  玄米2kg+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 4,150円(税込)   米袋タイプ1・2
無洗米
2kg 1,822円(税込)   白米2kg+無洗米加工62円 米袋タイプ1・2
2kg 1,942円(税込)  白米2kg+無洗米加工62円+真空加工120円 米袋タイプ3
5kg 4,555円(税込)   白米5kg+無洗米加工155円 米袋タイプ1・2

極うまみ精米
2kg 1,966円(税込)   白米2kg+極うまみ精米加工206円 米袋タイプ1・2
2kg 2,086円(税込)  白米2kg+極うまみ精米加工206円+真空加工120円 米袋タイプ3

Copyright:(C)2010-2017 Suzunobu(T.Nishijima) All Rights Reserved.