カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)

【白米/分搗米5kg】島根県 隠岐世界ジオパーク 島の香り隠岐藻塩米 特選コシヒカリ

【白米/分搗米5kg】島根県 隠岐世界ジオパーク 島の香り隠岐藻塩米 特選コシヒカリ

栽培 節減対象農薬:当地比7割減
化学肥料(窒素成分):当地比7割減
 
産地 島根県
地域 隠岐の島町
生産者 美味しまね認証者3名=島根県版GAP
品種 コシヒカリ
育成 育 成 年:昭和31年
育成場所:福井農試
来歴 母(めしべ):農林22号
父(おしべ):農林1号
 
種子更新 毎年更新100%
網目 1.9mm
色彩選別 あり(玄米)
食味値 80点以上(参考目標値)
蛋白値 7.0%以下(参考目標値)
千粒重 22.0g(目標基準値)
整粒歩合 75%以上(目標基準値)
商品記号:shimane-giopark-koshihikari-h5
4,329円 (税込 4,675円)
◆白米(分搗米)5kg:
スズノブオリジナル米袋に、スズノブオリジナルの産地・品種シールを貼ってお送りいたします。
◆無洗米加工代:
無洗米加工賃として1kg+30円加算となります。
【ご注意】分づき米は無洗米にすることは出来ません。
◆極うまみ精米加工代:
雑誌・テレビ・ポスター使用されている、スズノブのオリジナル精米方法で、特殊加工費として1kg+100円加算となります。
【ご注意】分づき米は極うまみ精米にすることは出来ません。
◆贈答用米袋加工代:
白無地和紙米袋に、スズノブオリジナルの産地・品種シールを印刷してお送りいたします。
印刷代として1kg+50円(最大100円)加算となりますが、贈答などに適しています。
【ご注意】贈答用米袋は真空パックにすることは出来ません。
数量:
 差別化
「島の香り隠岐藻塩米 特選コシヒカリ」の品種は、ブランド名にもある通り、隠岐産コシヒカリです。
化学肥料と農薬の使用量を、島根県の慣行基準の50%以下に抑えた特別栽培基準です。

栽培は、通常栽培過程に、天然塩「藻塩」(1tの海水とアラメ(海藻)を釜で10日間かけて煮詰め、20kgしかできない貴重な塩)の水溶液を、夏の炎天下の散布することで、マグネシウムなど海のミネラルを吸収させ、もともと本土の土壌より含有率が高いマグネシウムなどを、根と葉の両方から吸収する相乗効果で、通常のコシヒカリより、甘味としっかりとした食感が期待できる、隠岐の島ならではの栽培方法で栽培されています。
●隠岐の島は、日本列島にはないアルカリ岩で出来た珍しい島です(大陸の大地なのです)
●断崖が多い隠岐の島では、海風が断崖を駆け上がって行きますが、その時には霧が発生しやすく、同時に海のミネラルが水田地帯に降り注ぎます。
●対馬暖流の流れで、隠岐の島の周りでは海藻が非常に多く、このお米の栽培で使用している「藻塩」は、海藻に舌の肥えた島人が選んだアラメを使用しているのです。
●隠岐の島は、世界ジオパークに認定されたことからもわかるように、独特な環境・歴史・文化があり、この土地ならではの中から生まれたのが、この独特の食感です。
美味しまね認証米(=島根県版GAP制度)
島根県内で生産される農林水産物で、認証基準61項目を満たす「高い安全性」と「優れた品質」を兼ね備えた、産品を生産する生産者・生産方法を、第三者機関の判断をもとに島根県知事が認証しています。
① 水:離島なのに水が豊富、アルカリ岩の大地の名水で育てたお米
② 土:崖を駆け上がった海風が霧に変わり海のミネラルが大地に降り注ぎ、マグネシウムなど海のミネラルを多く含む土壌で育てたお米
③ 海:海水と海藻を煮詰めてできる手作り天然塩「藻塩」の水溶液を稲に散布することで、葉と根の両方から海のミネラルを吸収させ育てたお米
④ 人:3万年前に遡る歴史を持ち、伝統を守ってきた島人が丹精込めて育てたお米
⑤ 志:品質管理と厳しい基準に合格した、島人の志で育てたお米
産地情報
隠岐の島町は、島根半島から北東約80km沖合い、北緯36度(新潟県南魚沼とほぼ同位置)島根半島の北方約60㎞に位置し、北緯は石川県南部とほぼ同じ位置にあり、大小180を超える日本海に浮かぶ群島です。
交通機関は島根半島よりフェリーで2時間半、高速船で1時間10分、大阪より飛行機で1時間です。

隠岐の気候は近海を流れる対馬暖流の影響を受け、夏冬の気温差比較的少ない海洋性気候厳冬期を除き通年温暖。
隠岐固有の動植物など希少な自然が良好に保持されていることから、2013年9月9日に、ユネスコの隠岐世界ジオパーク(国内6箇所目)に認定されました。
世界的に貴重な地形・地質や美しい自然環境がのこり、それらをうまく利用した人々の暮らしや文化、歴史があり、その営みを継承する仕組みが残る自然豊かな他に類を見ない貴重な島です。

隠岐は、古くは流刑の島でした。
特に貴族など政治犯が流された島であり、後鳥羽上皇や後醍醐天皇などが有名で、貴族文化の影響を受け、独特の伝統と文化が保存継承されています。

隠岐の島の農業は、近年まで半農半漁の形態が多く存在し、資源も豊富でなかったことから、身近な海藻などを肥料として育てる循環型伝統農法が確立されていましたが、近年では化学肥料などの普及により、残念ながら途絶えてしまっていました。その隠岐の島の循環型伝統農法を現代に復活させ栽培したのが、「島の香り 隠岐藻塩米」です。
コシヒカリ
コシヒカリは、福井県で誕生した米の代表格である。
コシヒカリと 言う名前の由来は、 北陸地方の国々を指す「越の国」と「光」の字から「越の国に光かがやく」ことを願って付けられた名前であると言われている。
コシヒカリという品種は1つであるが、コシヒカリという銘柄(消費者が買う段階の商品名)にはコシヒカリ(品種)と多数の品種を含むコシヒカリBLという品種群が含まれる。
現在、「新潟県産コシヒカリ」という銘柄は、9割以上がコシヒカリBLという品種群であり、コシヒカリ(品種)とは異なる。
米の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持つ。(ウィキペディアより)
 差別化
「島の香り隠岐藻塩米 特選コシヒカリ」の品種は、ブランド名にもある通り、隠岐産コシヒカリです。
化学肥料と農薬の使用量を、島根県の慣行基準の50%以下に抑えた特別栽培基準です。

栽培は、通常栽培過程に、天然塩「藻塩」(1tの海水とアラメ(海藻)を釜で10日間かけて煮詰め、20kgしかできない貴重な塩)の水溶液を、夏の炎天下の散布することで、マグネシウムなど海のミネラルを吸収させ、もともと本土の土壌より含有率が高いマグネシウムなどを、根と葉の両方から吸収する相乗効果で、通常のコシヒカリより、甘味としっかりとした食感が期待できる、隠岐の島ならではの栽培方法で栽培されています。
●隠岐の島は、日本列島にはないアルカリ岩で出来た珍しい島です(大陸の大地なのです)
●断崖が多い隠岐の島では、海風が断崖を駆け上がって行きますが、その時には霧が発生しやすく、同時に海のミネラルが水田地帯に降り注ぎます。
●対馬暖流の流れで、隠岐の島の周りでは海藻が非常に多く、このお米の栽培で使用している「藻塩」は、海藻に舌の肥えた島人が選んだアラメを使用しているのです。
●隠岐の島は、世界ジオパークに認定されたことからもわかるように、独特な環境・歴史・文化があり、この土地ならではの中から生まれたのが、この独特の食感です。
美味しまね認証米(=島根県版GAP制度)
島根県内で生産される農林水産物で、認証基準61項目を満たす「高い安全性」と「優れた品質」を兼ね備えた、産品を生産する生産者・生産方法を、第三者機関の判断をもとに島根県知事が認証しています。
① 水:離島なのに水が豊富、アルカリ岩の大地の名水で育てたお米
② 土:崖を駆け上がった海風が霧に変わり海のミネラルが大地に降り注ぎ、マグネシウムなど海のミネラルを多く含む土壌で育てたお米
③ 海:海水と海藻を煮詰めてできる手作り天然塩「藻塩」の水溶液を稲に散布することで、葉と根の両方から海のミネラルを吸収させ育てたお米
④ 人:3万年前に遡る歴史を持ち、伝統を守ってきた島人が丹精込めて育てたお米
⑤ 志:品質管理と厳しい基準に合格した、島人の志で育てたお米
産地情報
隠岐の島町は、島根半島から北東約80km沖合い、北緯36度(新潟県南魚沼とほぼ同位置)島根半島の北方約60㎞に位置し、北緯は石川県南部とほぼ同じ位置にあり、大小180を超える日本海に浮かぶ群島です。
交通機関は島根半島よりフェリーで2時間半、高速船で1時間10分、大阪より飛行機で1時間です。

隠岐の気候は近海を流れる対馬暖流の影響を受け、夏冬の気温差比較的少ない海洋性気候厳冬期を除き通年温暖。
隠岐固有の動植物など希少な自然が良好に保持されていることから、2013年9月9日に、ユネスコの隠岐世界ジオパーク(国内6箇所目)に認定されました。
世界的に貴重な地形・地質や美しい自然環境がのこり、それらをうまく利用した人々の暮らしや文化、歴史があり、その営みを継承する仕組みが残る自然豊かな他に類を見ない貴重な島です。

隠岐は、古くは流刑の島でした。
特に貴族など政治犯が流された島であり、後鳥羽上皇や後醍醐天皇などが有名で、貴族文化の影響を受け、独特の伝統と文化が保存継承されています。

隠岐の島の農業は、近年まで半農半漁の形態が多く存在し、資源も豊富でなかったことから、身近な海藻などを肥料として育てる循環型伝統農法が確立されていましたが、近年では化学肥料などの普及により、残念ながら途絶えてしまっていました。その隠岐の島の循環型伝統農法を現代に復活させ栽培したのが、「島の香り 隠岐藻塩米」です。
コシヒカリ
コシヒカリは、福井県で誕生した米の代表格である。
コシヒカリと 言う名前の由来は、 北陸地方の国々を指す「越の国」と「光」の字から「越の国に光かがやく」ことを願って付けられた名前であると言われている。
コシヒカリという品種は1つであるが、コシヒカリという銘柄(消費者が買う段階の商品名)にはコシヒカリ(品種)と多数の品種を含むコシヒカリBLという品種群が含まれる。
現在、「新潟県産コシヒカリ」という銘柄は、9割以上がコシヒカリBLという品種群であり、コシヒカリ(品種)とは異なる。
米の粘りが強く食味に優れる品種であるが、栽培上は倒伏しやすい、いもち病などに弱いなどの欠点も併せ持つ。(ウィキペディアより)
お薦め・キャンペーン
もち米・切り餅

ご利用ガイド

お支払い方法

以下からお選びいただけます。

・クレジットカード決済

・代金引換、代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)

・銀行振込(事前ご入金)、郵便振替(事前ご入金)

※代金引換、代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)の場合、手数料はお客様負担となります。

※銀行振込、郵便振替の場合は、事前ご入金となります。

 また、手数料もお客様負担となります。

※代金引換の場合は、基本的に郵便局でのお届けとなります。

配送・送料

●配送時間について

以下の希望時間帯の指定が可能です。

・午前中(12時まで)

・12時~14時の配送はございません

・14時~16時

・16時~18時

・18時~20時

・19時~21時

●送料について

・5000円未満の場合の配送料は

 北海道、沖縄が910円、その他の都府県は710円となります。(税込)

・5000円以上の場合の配送料は

 北海道、沖縄が500円、その他の都府県は400円となります。(税込)

お問い合わせ

03-3717-5059

受付時間 : 平日(月〜金曜日) 9:30~17:30

(日・祝日、年末年始・夏季などの特別休業日を除く)

お問い合わせフォームは24時間受付中です。

確認ができ次第、担当より迅速にご対応させて頂きます。

会社概要

株式会社スズノブ

〒152-0031

東京都目黒区中根2-1-15

代表者:西島 豊造

(東横線「都立大学駅」より駅前通り徒歩3分)

TEL:03-3717-5059

FAX:03-3723-7235

営業時間:8:30-18:30

定休日:日曜日・祝日(お米の発送はございません)

URL:http://www.suzunobu.com

e-mail:webshop@suzunobu.com

アクセス

メニューを閉じる
メニューを閉じる